しんたログ

スローライフを実践するために、会社の歯車としての生活を終える。自分らしい生き方を見つけるためのブログです。

【初心者でも勝てるFX】3回 危険?失敗しないために考えよう。副業でもできる手法を見つける。

f:id:shincyanf:20190304183852j:plain

こんばんは、未来の億り人、ポジキンです。

今日は、20時の ポンド/円の動きについて。

そもそもこの通貨は、値動きが激しいと言われています。

世界の市場規模

なぜなのか、それは、世界のマーケットの37%をイギリスのロンドン市場が占めているからです。多数の人が取引するからなんですね。

米国が一番かと思っていた人も多いと思いますが。米国は20%程度。

ちなみに、日本はというと、6%程度。シンガポール8%や香港7%の方が大きいんですね。

さて、ポジキンは普段、ポンド/円には手を出さないんですが。ツイッターが騒がしかったので見てみると、本日、2019年3月12日の20:00に大きく円安となっているじゃないですか。

英国合意なき離脱の可能性で急落

どれぐらい動いたのか、めちゃくちゃ動いてます。下のチャートを見てください。

f:id:shincyanf:20190313003145j:plain

黄色で囲った部分。

1ポンドが146.5であったものが、146.9付近まで一度⤴、すぐに下落し、20分後には144.6円まで⤵。

実に2円近くも下がったんですね。 10万ポンド(10lot)売っていれば、20万円の利益。

逆だと(買っていれば)ロスカットを食らっているかもしれませんね。

ん、見にくい?拡大したものを下に示します。

f:id:shincyanf:20190313004652j:plain

手を出したい衝動(トラップ)

最初にポジションを持っていないとしても、トラップが2回もあるんです。上の2つの水色の〇印。一度上がると見せかけて、また下がるというのを2回繰り返していいます。

今までの私であれば、間違いなく買って大損していたでしょう。

一つ目のトラップからでも1円下がってますからね。

結果的に、買い時は一番下の白〇。そこから1円上がるという結果に。

大事なこと(ポイント)

大事なのが、急落から25分間は下落が止まらなかったこと。

今回も含め、大きな経済指標の発表なんかで値が大きく動いたときは、20分から30分ぐらいはどちらに動くのかが分かりません

値動きが落ち着いて方向性が分かってからトレードを開始するのが得策ですね。

それからでも安全に十分稼げます

【関連記事】

〇 第1回の内容はこちらから確認できます。

〇 第2回の内容はこちらから確認できます。